外国為替取引に加え、節約や副収入などのお得情報。

ユーロは、
ベルギー中銀総裁が
「9月に利上げを実施するかどうかはまだ不透明」
としたものの、

フランスのサルコジ仏大統領が
「ユーロは問題ない」とした事が好感されました。

ユーロ高を懸念する立場として、
サルコジ大統領の動向が時々
ピックアップされます。

市場は、ユーロ高によって、
フランスは苦しんでいるという見方があり、
そのフランスのサルコジ大統領が
「ユーロは問題ない」と言ったので、
大丈夫だろうと判断したのです。

そのユーロですが、
市場は、9月には利上げがあり、
当面利上げはないだろう。
という見通しがあるため、
秋以降に下落するのでは
という見通しを持っている心理市場も
多く聞かれます。

「ユーロ圏内での輸出が多いので、
ユーロは堅調である」という
見通しもありますが、

最近は、ユーロ圏外での
輸出にひっぱられている
という観測もされています。

さきほど書いたように、
ユーロ高になることで、
苦しんでいるユーロ加盟国もあります。
(ドイツ、フランス)
これはもちろんユーロの弱点です。


★ユーロ高や金利引き上げにより、
 苦しむ国があるという弱点と、

★ユーロ圏外の輸出による動向に
 減速があるかという点と、

★成長率に鈍化がみられるようになれば、
 市場の過熱感もさめていきます。



急成長したあとであれば、
なおさら、鈍化は目立ちます。


たとえ安定した経済が続くとしても、
「成長が鈍い」と市場が判断し始めたら、
ユーロ過熱感も、
だんだんおさまる可能性も高いです。

現在は170円を目指しており、
必ずいくと思っています。

ポイントは9月or10月の利上げ後、
の動向ということになるのです。


手数料無料のFX kakakuFX






☆為替最新情報☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較


★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/07/17 09:54】 | ユーロ
トラックバック(0) |

クロス円のバブル的な上昇に、
節目をだしている為替サイトもあります。
ユーロ円に関しては170円が
節目であろうという考察があります。
そのあたりでポジション調整があり、
5円くらい落ちるのではと
指摘している所もあります。

今は上昇トレンドであることに、
まだ変わりはないと思いますが、

例えば、
ユーロ円が下落トレンドに変わった時に、
どう動けばいのか?
について、かなり先読みをしてみたいと思います。

まず第一に、
ストップを入れておくことが大事です。
そうして下落した所でまた拾えば、
利益を狙えます。

また、
まだ上昇トレンドが続く限り
決済はしないつもりという方もいると思います。
そういう方には、

ここで
逆相関を利用する方法もあります。
ユーロ円と逆相関の高いのは
ユーロ/ポンドです。

過去200日のデータから
0.27とでています。
(資料:セントラル短資)
-1が理想なのですが、
今のところユーロ円と逆相関が一番高いのは
ユーロ/ポンドです。

このユーロ/ポンドを低い所で
買いポジしておき、
ユーロ円が落ちてきた時に
対処するという方法もあると思います。
(買いはマイナスのスワップです。
-77円位←資料:新日本通商)

あと、最近は
逆相関が低くなっているのですが、
ユーロ売りに行くと、
ドルが買われる可能性も
高くなると思っています。

ドル円は長期的な
円安トレンドに入っています。
私はまだ入り口であると思っています。

あと、ユーロ円とポンド円は相関が高いので、
ユーロ円が落ちる時は、
ポンド円も下げてくる可能性も高いです。

相関やらなんやら、
どうにも面倒でわからないという方は、
ずばり、
売りで両建て
すると良いと思いますよ。

FXは、
買いでも売りでも入れることを
忘れずに♪


150通貨ペアで逆相関を制覇!!
片道手数料1銭!約150通貨ペア!


コムテックスが提供する高速ザラバ発注システム『トレードワン プロ』


☆為替最新情報☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較


★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/07/09 13:23】 | ユーロ
トラックバック(0) |

先ほどの続きでユーロのお話です。

ユーロに関しては、
来月の6日に政策金利の発表があり、
予想は利上げです。

4日、5日あたりで、調整でポジション量を減らす人も、
少なからずでてくるのでは?と思うので、
少し軟調に推移かも?と思います。

ですが6日は水曜日で、水~木に持ち越すとスワップ三倍なので、
(会社により曜日が変わります。)
底値を拾って三倍スワップ狙いで6日に買いを入れる人もいそう。

もし調整が5日にあっても、
利上げになった場合は、その後すぐ持ちなおすと思います。
据え置きの場合は、失望売りで軟調になるかもしれません。

利上げになった場合でも、
当面利上げはないだろうという観測が入れば
調整になるのかな?なんてことも考えます。

発表後の会見がタカ派かどうか?というのがポイントですね。

ですが発言よりも、
経済指標の結果の方が重要です。

さらにテクニカル面では、
先ほどのユーロ円に関わる通貨ペアのうち、
ユーロドルが下落トレンドに入っています。
一目均衡表の雲の中です。

あとは「ドル/円の動き」と「ユーロ自身の強さ」
をみる必要が出てくるということですね。

☆為替☆羊飼いさんの今週の戦略は?☆

エイチ・エス証券の日経225miniは手数料業界最低水準!格安手数料!

FXセミナーに出かけよう!年間200回以上の実績!

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較

★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/05/28 17:00】 | ユーロ
トラックバック(0) |