外国為替取引に加え、節約や副収入などのお得情報。

本日は日経平均の下落と、
欧州株の懸念もあり、
午後からは118円台後半に落ちています。
3時からの欧州、4時からのロンドン、
そして夜9時からのNY、
本日の経済指標と、
NYの株価動向に注目です。
長い夜ですね。
体調に気をつけて下さいね。

先ほどは、別の会員制サイトに、
FXと外貨預金の違いを
つづっていました。

結論は、テクニカルなど、
いろいろな勉強をしても、
自分の、人間としての欲を
コントロールできないと、
うまくいきにくい・・・
という内容です。

今の円高時にわくわくしているのは、
前回の円高時にポジションを作り、
それ以上は増やさずにじっくり
保有されていた方で、


その逆はポジションを作りすぎたり、
損失をだしてしまっている方です。

できればいつも前者でありたいですが、
それが出来ない理由に人間の欲が、
からんできたりします。

相場も100%わかるものではないので、
冷静にやっていて、
出来るだけ低い所で入ったと思ったけど、
だめだったというケースもありますが、

自分が冷静でいられる範囲であることと、
幸せな状態でいられる取引を行うこと。
が人間として生きていく上で、大事です。


これを
「知的レバレッジ」と名づけましょう。

ポジションを取りたくなったら、
「知的レバレッジ、知的レバレッジ・・・」
とつぶやいてください。
「少なすぎるんじゃないの?」
と思える位が、実は丁度良かったりします。


もちろん、自信のある方や達人の方は、
それ以上、自由にされて良いと思います。

でも、
まだ思うように増やせていないのなら、
本当に今ポジション取りして良いのか?
思ったらすぐ!ではなく、
いちど立ち止まって分析する習慣をつくると
良いと思います。

確実に資産を増やしていくことが、
絶対大事です。


これからネット証券を始めるなら・・・





☆為替最新情報☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較


★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/07/27 15:32】 | レバレッジ
トラックバック(0) |

先日も書きました、
レバレッジ第二弾です。

「レバレッジ」と
「実効レバレッジ」の違いを
把握しておくと良いと思います。

「レバレッジの高い会社は危険ではない。」

「レバレッジの高い所で、
 ポジションを多く取りすぎるのが危険」


ということを先日書いたのですが、
レバレッジが高いと、少ない証拠金で、
多くの取引ができてしまい、
その分ロスカットされてしまう
範囲も狭くなります。

でも、レバレッジが高い所でも、
少ないポジションで運用すれば、
レバレッジが低い計算になります。

・・・つまり、
レバレッジ200倍の所で、
1㌦123円として、
123万の資金で
1万通貨ポジだと、レバレッジ1倍
という計算ですよね。

あるいは
10万円の資金で
1万通貨ポジだと、レバレッジ約12倍。

10万円の資金で
5万通貨ポジだと、レバレッジ約60倍。

資金とポジション量の割合で、
必ずしも全てが
レバレッジ200倍になる計算には
ならないのです。

これが「実効レバレッジ」で、
自分の資金とポジションから計算された、
現在の、実際のレバレッジ。
という意味です。

この実効レバレッジを、
取引画面で自動的に表示してくれるのは、

サーバーエージェント【外貨ex】です。

セントラル短資オンライントレードでは、
サイトにいくと誰でも使える
レバレッジ計算機があります。

または、慣れればすぐに、
自分で計算出来ると思います。
(1万通貨金額÷総資金)Xポジション数
=実効レバレッジ




☆為替ブログ村 為替王さんの、
2006年8月18日の記事にもレバレッジの計算ついて
詳しく書かれているので参照下さい。











☆為替最新情報☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較


★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/07/06 11:23】 | レバレッジ
トラックバック(0) |

信託保全もあり、業界スワップ金利最高の、
セントラル短資オンライントレードでは、

便利な「レバレッジ計算機」があります。
(サイトに行けば、誰でも使えます。)

数値を入れれば、
いくらでマージンコールか、ロスカットか、
がすぐに表示されます。

他の会社で取引をされている場合は、
マージンコールなどの基準も証拠金も違うので、
その通りが表示されるわけではありませんし、
通貨ペアも限られていますが、
非常に参考になると思います。

お試しあれ☆

*「かんたんFX投資実践マニュアル」をプレゼント!




為替ブログへ戻る

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較

★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/05/29 15:07】 | レバレッジ
トラックバック(0) |