外国為替取引に加え、節約や副収入などのお得情報。

ドル円は再び
122円近辺をゆらゆらです。
現在は121円90銭くらいですね。

外は雨模様でじめじめですが、
梅雨も来週にはあけるのでしょうか?

ところで、先日、
国が発行する債券、
いわゆる国債のお話を、
しました。

国債には日本国債と
外国債というものがあります。

国債とは、
簡単にいえば「借用証書」です。
「何年○月○日まで貸しておいて。
そしたら全額返すし、利子もつけるから・・・。」

という感じです。
ゼロクーポン債(割引債)と
利率債のお話もしましたね。

日本国債よりも外国債券の方が
利率が高いわけですが、
為替差益の変動リスクはあります。


本日は何かと話題になる
米国債について取り上げます。

米国債の海外保有率を
7/7号の東洋経済から抜粋しました。
(米国財務省では、毎月このデータを発表しています。)

海外保有総合計は、
216550億ドル、

そのうち、
一番多く米国債を
保有している国は・・・日本です!
(6148億ドル)
ですが2006年から横ばい傾向。

その代わり中国は、
2006年より保有率をあげ、
日本に次ぐ米国債を
保有しています。
(4140億ドル)

日本 6148億ドル
中国 4140億ドル
英国 1342億ドル
韓国  541億ドル
OPEC 1122億ドル


今年の4月に、
中国が、米国債を売るのではないか?
という思惑がでたのは、
記憶に新しいのですが、
実際、2007年3月から4月の推移をみると、
58億ドルも保有量を減らしています。
(4198億ドル⇒4140億ドル)

いきなり大量の米国債を売るのは
中国にとっても不利になるのですが、
中国が債券より投資でお金を増やす動きが
出ているのは先日のニュースでも
ありましたね。

すぐにどうとはならないと思いますが、
中国vs米国の債券動向も、
頭にいれておく必要があると思います。

お食事券の割引販売



☆為替最新情報☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ

☆為替ブログランキング☆お役に立ちましたらポチンとお願いします。

★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?

★ネット証券の正しい選び方

★金融スクエアbang!外国為替比較


★資産運用のためのALL投資情報比較

【2007/07/17 15:40】 | 国債
トラックバック(0) |