外国為替取引に加え、節約や副収入などのお得情報。

3月16日月曜日です。
先週末は、日中は暖かったのですが、
夜になると急に冷たい北風が吹いたり、
着るものに少し困る季節ですよね。

今日は少し暖かいそうなのですが、
なかなか油断なりません。

皆さまも、体調には十分注意されてくださいね。

☆為替ブログランキング☆

今日は月曜日ということで、
最近は市場と関係ないお話が中心の日です。

といいながら、
関係あるお話かもしれないのですが、
取引をする時の気持ちとか、
苦労とかって、やったことない人には、
本当にわからないものなんですよね。

端からみると、
すごく簡単にやっているように、
見られないでしょうか?

本当はものすごい集中しているのに、
端からはぼ~っとパソコンを見ているだけに
見えるみたいですね。

分かってもらえない孤独感ってありますよね。

例えているならば、外科手術で
血管を血管をつないでいる最中
って感じなんですけどね・・・。
(大げさでしょうか?)

すみません、愚痴になってしまいました・・・。

後半はまた話を変えますが、
FX取引を始めて、いろいろつらい思いをされて、
やるのが嫌になってしまったり、
怖くなってしまった・・・。

というお話を、特に最近はよく聞きます。

私ももちろん、
そういう気持ちになったことがあります。

資産運用の方法は、他にもたくさんあるので、
別にFXにこだわる必要は全くないとは思います・・・が、

でも、せっかく勉強して、
専門的なことも理解できている
「FXも、捨てがたい・・・でも・・・怖い。」という方も、
実は多いのではないかと、
私は思っています。

では、どうしたら良いか・・・ということですが、
これは、経験を積んでいくことです。

年月を経ると、
かなりずぶとくなるというか、
マヒしてくるというか・・・、

慣れてきても、
のんびりやれる訳ではないのですが、

かなりタフになっている自分に気がつくはずです。

私自身は、精神的に非常にもろい人間です。
落ち込みやすいし、暗いし、
頭も悪いし・・・。
(そこまで自分でいうのもどうかですが)

何度も救いようのない落ち込みを経験していながら、
今は、取引をする時はかなり平静でいられます。

ゆっくりでいいのです。
少しずつ前に歩いていけば、
必ず平気になる時がきます。

そうできるようになれば、
どんなに不況だろうが、
老後が不安だろうが、
安心できると思いませんか・・・?

1日数千円のお小遣いかせぎだって、
良いと思うのです。

1日数百円だって嬉しいじゃないですか・・・?

とりとめない文章ですみません。
今日も落ち着いていきましょうね。

☆為替ブログランキング☆応援ポチンとお願いします。

少しずつなら、
1000通貨単位のLION FXがおすすめです♪


1000通貨単位でできる【LION FX】


手数料無料の外国為替取引
世界基準の資産運用を!


トレイダーズ証券のFX

ザイFX!
マネー誌監修のFX情報サイト

誰かといても、
孤独を感じることってありますよね。

でも・・・孤独って悪いことでしょうか?

孤独な時間とは、
自分を振り返り、
人間として、自分を深める大切な時間です。

その証拠にほとんどの芸術家は、
孤独な時間に、作品を作り上げます。

あなたが孤独を感じ、
自分を深めた後には、

次の大きな喜びや、
あたたかい未来が、
必ずあなたを待っているはずです。

今日もあなたにとって、
素晴らしい1日となりますように。


RAVELRAVEL
(2009/03/25)
川久保賜紀・遠藤真理・三浦友理枝トリオ

商品詳細を見る

***************************************
くりっく365比較
FX業者の手数料を比較
FX・外国為替NAVI
***************************************

CoRichブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気FXランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ
ブログランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
人気ブログランキング
***************************************
★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?
★ネット証券の正しい選び方
★金融スクエアbang!外国為替比較

★資産運用のためのALL投資情報比較


【2009/03/16 10:03】 | 為替動向
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック