外国為替取引に加え、節約や副収入などのお得情報。

もし金やプラチナの積立を解約したいと思ったら…、ここに要注意!

最近では住宅ローンのボーナス払いが払えないという話も
悲しいことに多く聞くこの頃ですが、

それ以外にも、生活費を賄うために、
資産の取り崩しをしている人も見受けられます。

中には金やプラチナの積立を解約してしまおう、
という人もいるかもしれないのですが、

保険の解約や、金・プラチナの解約までにも、
税金がかかってしまうことをご存知でしょうか?

「自分で払ってきた物なのに!」
と憤慨されるかもしれませんが、

少し安心して欲しいのは、解約して得た現金から、
自分が取得のための費用=毎月の積立金
などは課税額から差し引かれます。

つまり、FX流にいえば、「差益に税金」がかかるのと同じです。

もう少し細かく説明してみましょう。

金・プラチナの積立を解約して、
現在価格の買取額から、まとまった現金が得られるとします。

売却益は、譲渡所得として扱われ、
総合課税方式による申告納税となるのですが、

その売却益からさらに特別控除として、50万円が控除されます。
(譲渡所得として年間50万円)

さて、ここからが要チェックです!
その金は購入してからどのくらい期間がたっているでしょうか?

購入後、
5年以内の売却益は「短期譲渡所得」になり、
5年超の場合は「長期譲渡所得」となり、

保有期間の長さによって、課税金額に差がでてくるのです!

●購入後、5年以内で売却した場合
短期譲渡所得=売却益-50万円

●購入後、5年超で売却をした場合
長期譲渡所得=(売却益-50万円)÷2


つまり長期保有の方がお得になります!


●売却が短期と長期の2種に分かれる場合
最初に短期譲渡益から控除額を差引き、
次に控除額が残っている場合は
長期譲渡益から差引きする計算となります。

売却益は50万円もないよ~という方もいるかもしれないのですが、
これは覚えておくと便利です。

さらに、売却益ではなく、
売却損(つまり積立額より目減りしてしまった場合)は、
他の譲渡所得と通算できます。(プラマイできるということです。)

将来のために・・・と地道に積み立てていった資産を
取り崩していかなくてはいけないのはとても悲しいことだと思いますが、
借金をしてしまうよりはずっとましなのです。

やけにならず、焦らず、物事を悲観しすぎず・・・、
ゆっくり足元を固めていってはいかがでしょう。

今まで多くの偉人が、
この日本や世界にもたくさんおり、世の中を活性化してきました。
その魂と生き様は、今でも多くの人に受け継がれているはずです。

必ず経済は、立ち直っていくと、私は信じています

☆為替ブログランキング
お役に立ちましたらポチンとお願いします。


10枚から注文可能!オリジナルTシャツつくるならシルクマスター




最短1ヶ月半でホームヘルパー2級が取得できる!介護教室『ほっと倶楽部』

海外不動産投資術

***************************************
CoRichブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気FXランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログへ
ブログランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
人気ブログランキング
***************************************
★『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!手数料は?注文方法は?
★ネット証券の正しい選び方
★金融スクエアbang!外国為替比較

★資産運用のためのALL投資情報比較


【2009/07/06 22:33】 | 投資商品あれこれ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック